バセドウ病の症状など不安や疑問を解決!

バセドウ病Labo

甲状腺機能低下症 血液検査

血液検査で甲状腺機能低下症の数値が出た!

投稿日:

アイソトープを行ってから、約5ヶ月。先生からも「このままでの数値なら、もう1度アイソトープをするか、手術をしないといけませんね」と言われていました。そんな中、アイソトープ後、7回目の定期血液検査で、今までと大きく違う結果が出たんです!

スポンサードリンク



甲状腺機能低下症の数値が出た!

そうなんです。ようやく、本当にようやく「FT3」「FT4」の数値が下がったんです!しかも、正常値から大きく。これには先生も「いや~、ようやく下がりましたね。本当に良かった。でも、こんなに遅れて下がることも有るんだね」と言っていた位。実際の数値がこちら。

FT3もFT4も、バセドウ病の治療を始めてから初めて、基準値を下回りました!そして、もちろんTSHは基準値よりも高くなってます。(ただ、TRABの数値が261と高いのが気になりますが^^;)

 

長かった・・・。こうなる為にアイソトープ治療を下のに、約5ヶ月間、全く数値に変化なし。正直諦めていましたからね。でもね、この数値になる約1ヶ月間、自分の体調の変化は十分に感じていたんですよ。

 

甲状腺機能低下症への体の変化

体重の増加

1番はこれ。先生からいつも体重を聞かれるから、毎日計っていたんです。そしたら突然体重が増え始めたんです。それも結構な早さで。約3週間程度で4キロくらい太りました。

 

4キロも太ると、体つきが結構変わりますね。今までは筋肉が無くならないように筋トレを少ししていたけど、全然付かなかった。でも、体重が増えたら体がガッチリしてきた。やっぱり人間には「肉」が必要なんですね。肉が無ければ筋肉も付かないんですよ。

 

体が重い・だるい

これは正直、低下症の症状なのかは分かりませんでした。と言うのも、ちょうど花粉症を発症してしまい、その症状かと。ただ言えるのは、バセドウ病とは全く違う体のだるさです。

 

バセドウ病の体のだるさは、常に動き回っている体故に「疲れただるさ」なんですけど、低下症は体の芯から重い。ズドーンという感じ。

 

気力が出ない

低下症だと体が重い上に、やる気が出ないんですよ。バセドウ病は気持ちは高ぶっているから、多少からだが辛くても動かせられたんですけど、低下症はダメだ。気持ちも後ろ向きになるから、全く体が動かせられない。これはこれで辛い。

 

眠気が凄い

眠気も凄いんです。しかも花粉症の薬を飲んだ後は最強です^^;このコラボはやばいです。起きてられない。軽く1時間は寝れます(笑)なので、花粉症で低下症の人は、眠気には注意した方が良いかもしれないです。

 

寒がりになった

バセドウ病の時は、常に暑くて汗をかいていたんですけど。今度は逆になりました^^;大体いつも寒い感じがしています。汗もバセドウ病の頃と比べると、全然かきません。なので、自分でもどういった服装が良いのか、分からなくなりますね。

 

まとめ

と、まー、低下症の数値になったので、ようやく次の段階へいけます。まずは3週間程度、薬を断ちます。そこで、本当の私は「亢進症」側なのか「低下症」側なのかを見極めます。それによって薬も対処の仕方も変わりますからね。大事です。先生が言うは「今の時期が1番大切です。こまめに見ていきましょう」との事。バセドウ病から低下症。完治(寛解(かんかい))までは道のりが長い^^;

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-甲状腺機能低下症, 血液検査
-, , ,

Copyright© バセドウ病Labo , 2018 All Rights Reserved.